年齢や家族構成で選び方が違う

年齢や家族構成で加入する保険も変わります。もちろん保険を考える上で、もっとも重要なのは自分の人生設計をどう考えるかです。一般的に20〜30代の独身時代は最低限の保障を基本に考えます。将来の資金づくりを考えている場合は、解約返戻金があるので終身保険に加入するのも選択肢のひとつです。

 

結婚後は生活費の遺族保障を考える必要が出てきます。子育て世代には保険料が割安で、お金が必要な加入直後の保障が厚い収入保障保険が適しています。自営業の場合は会社員に比べて遺族年金など公的保障が少ないので、死亡保障を会社員に比べて高めに見積もる必要があるでしょう。共働きで妻の収入が一定程度ある場合は、妻に死亡保障をつける必要もあります。

 

医療保障も国民健康保険は自己負担が3割な上、会社員のように有給休暇や疾病手当金はありません。けがや病気が長引いて働けない期間が長くなると収入の減少にもなるので入院日額を増やすのが良いでしょう。

 

子供の成長にもよる

40〜50代では子どもが独立すれば、保障の見直しで必要保障額を減らせます。差額の保険料で年金保険や介護保険に振り向けることで老後の資金作りを意識する時期でもあります。子どもが独立していなくても医療保険はがんのリスクが高まる時期でもあるので、未加入の場合、考慮する必要があります。

 

40代以上の単身者は医療保障や介護保障に重点を置くことで将来の不安を軽減できます。

 

保障内容が近い保険商品は多くあります。生命保険は主契約と呼ばれる保険本体の契約にオプションである特約を付けることで保障を拡充するのが一般的です。死亡保障に医療特約を追加する加入方法が昔は多かったのですが、最近は単独で加入できる医療保険やがん保険も各社から販売されています。

 

ファイナンシャルプランナーは、保険を選ぶ際には、自分がどのような環境と人生を送りたいかを知り、保険会社のポリシーを知り、保障内容を知ることが大事といいます。価格はその後からチェックすることが大事です。