クレジッドカードの限度額

クレジッドカードの限度額は?

通常、使用者の属性に応じてカードごとに利用限度額が定められており、日本では一般カードで5万?50万円、利用実績などによっては50万円超?100万円程度、

 

富裕層を対象としたゴールドカードでは50万?300万円程度となっており、属性や利用実績などによって開きがあります。

 

諸外国のカード会社では、限度額を月給のX倍相当額迄などと設定しているケースもあります。。

 

利用限度額と未払い債務(未請求の債務を含む)額の差が、その時点でのクレジットカードによる立替払いが可能となる金額。

 

クレジットカードによって異なるが、小額なら利用限度額を超える利用ができる場合もある。 なお、事前の利用限度額を設けないとしているカードもあるが、カード会社側では実際は規定の限度額(与信枠)を管理しており、多額の利用をしようとすると承認が求められます。

 

なおコールセンター等に利用限度額を上げるように申請すると、改めて審査が行われて利用限度額が増えることもある。このことを与信枠を増やす事から、「増枠」と呼ぶことがあります。

 

また、海外旅行に行く場合や、国内であっても大きな買い物をする場合(一例としてはリフォーム費用、自動車修理費用など)、一時的に利用限度額を上げてもらうこともできる(申し込みの際は用途や期間を聞かれることが多い)。これは「臨時増枠」、「一時増枠」などといわれます。

 

なお、一部のカードでは目的別(店舗別)に複数の限度額が設定されている場合がある。過去には国際ブランドと提携したばかりのハウスカード(ハウスカードについては後述)で、自社店舗利用分と国際ブランドでの利用が分かれていたものも多かった。現在では決済システムの統合のためにほとんどなくなっています。